11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

もけ

Author:もけ
名前:はな(チョコ色のラブラドール)
    時に はなぴ・はなたん・はん子
誕生:2005/06/08
性別:女の子
大阪市内にて誕生するが京都の片田舎
にてもけ&とうちゃんと暮らすことになる
甘えん坊の内弁慶だが
かなりの食いしんぼである

2014.9.2 お空の子になりました

2015.5.6 めい 登場!!

いくつになったの

最新画像

カレンダー&アーカイブ(Tree)

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

蝶が舞い花の色が変わる・・・

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

Twitter

ちょこっとつぶやいてます。

いま、なんじ?

おいしいコーヒーを飲むなら

lie's coffee

九州でお泊りするなら

lamori club

カテゴリー

リンク

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超特急☆大山・出雲の旅

2013.12.22 12:27|はなのこと
12月7,8日とはなを連れて大山、松江、出雲へ行ってきました。
駆け足の旅だったので、一気にリポート!

実は7日にどうしても外せない用事が入り、旅行もやめようかと悩んだのですが
先方に無理を言って早めに切り上げ、午後2時40分自宅をスタート!

なので1日目は移動のみ・・・
若狭道、中国道、米子道をひた走り、めざす大山高原に着く頃には、陽はとっくに
沈んで暗~い夜の世界。

それでもなんとか6時過ぎにお宿に着きました。
今回のお宿は「ホテル旬香 大山リゾート」
お部屋の前には、はなのネームプレートが…ワフでもそうだった…主役はわんこ、
私たちはわんこの運転手とマネージャーでございます

DSCN2628-d.jpg

DSCN2617-d.jpg
部屋はウッディーな感じで居心地良かったです。

ディナーは7時半。今日はお昼ご飯をまともに食べてなかったので、お腹空きすぎ~
まずはビール!大山地ビールをいただきました

DSCN2621-d.jpg


DSCN2620-d.jpg

前菜とお造り・・・この大きなえびが甘くてボリュームがあってうひょうひょの美味しさでした。
その後は食べること飲むことに集中し、写真なし
カニやステーキなど、お腹いっぱいいただきました。ほんま美味しかった~

部屋に戻り、私もお風呂に入って、しばらくで爆睡 朝までぐっすり
はなも足元でいい子で寝てました。
ここのベッドの寝心地はかなり良かったです。

翌日は心配していた雨もなく、ひと安心。
朝食の後、付近を散歩。

DSCN2630-d.jpg
犬なのに、猫背。

前日真っ暗な中で到着してるので、朝になり初めて「こんな所に来てたんや~」
んで、大山は見えるんかいな・・・

DSCN2631-d.jpg

あ、見えてるやん!!

ちょっと空の白とかぶってるけど、美しいでしょう?頂上に雪をかぶって、富士山と
みまがうかのようなお姿。
大山は見る角度によって、このようなたおやかな姿や、ゴツゴツした岩山のような
姿を見せてくれます。私の大好きな山です…いつか登りたい!(と、山ガールとして
の発言も、しておこう)

同宿していたラクちゃん(やったっけ?もう記憶が…)まだパピーちゃんなのです。
が、好奇心と愛想の良さは一人前!はなはやっぱりモジモジ。どんだけ犬見知りで
世間知らずなんだか。情けなか~

DSCN2638-d.jpg
しっぽが下がり、助けを求めるこの目。どんだけ気ぃ小さいのやら

DSCN2624-d.jpg
暖炉のあるリビングにどどーんとバイクが。オーナーの趣味なのかな?

ホテルを後にして、松江経由で宍道湖の北側の道路をのんびりとドライブして、
出雲大社に2時過ぎに到着。
はなには車の中で待っててもらって、まずは食べたかった「出雲そば」を。
「三色割り子そば」っていうのを頼んだよ。
出雲そばは、黒くってちょっとぼそぼそっとした食感が信州そばなんかとは
違って素朴な感じでした。

DSCN2644-d.jpg


出雲大社。恐れ多くてあんまり写真撮らなかった。
今は「癒し」とか「パワースポット」とかいう言葉が簡単に使われるけど、私は
あんまり好きじゃなくて、もっと言葉で表せないものとして、その力を信じたい。
60年振りに遷宮された本殿は、堂々としていて美しくて、ぜったい中に神様がい
ると信じられる近づき難いものがありました。
で、月並みだけど、やっぱり日本人だねーというか、老いも若きも、その境内に
いる人々はみんないい人に思えたよ。単純なり>自分。

DSCN2645-d.jpg

一畑電車(いちばたでんしゃ)の出雲大社駅。中に入るとステンドグラスがきれいなレトロな駅舎です。

DSCN2650-d.jpg


空はだんだん澄んできて、12月とは思えない暖かさ(しかも山陰なのに!)で、
時間を忘れてのんびり散策してしまったけど、旅に終わりはあるわけで

宍道湖に沈む夕日を振り返りながら眺めつつ、ひたすら帰ってきました。

簡単に、簡単にレポートしたつもりだったけど、結構文字数多いね。
ってことで、駆け足大山・出雲の旅でした…




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。